【ブログのテーマを決めるために】過去の体験と感情から自分を紐解く

kako-taiken

「さて、ブログを開設したし、これからブログで稼いでいくぜ!」

と意志を固めたものはいいものの、『ブログのテーマが決まらない』という悩みを多く聞きます。

  • なんとなーくブログを作って、
  • カテゴリも適当に決めて、
  • 思いつくまま記事を書いていって、

途中で行き詰まってしまう…。

僕自身も、初めてブログを作った時、こんな風に行き詰ったことがあります。

断言しておきます。

最初にブログのテーマを決めておくことは、死ぬほど重要です。死ぬほど。

闇雲に記事を書くよりも、まずブログのテーマをざっくりでいいので決めよう

もちろん、「まず手を動かしてみる」ということも大切なんですよ。

いつまでも考えてばっかりいたら、結局何も変わらないですからね。

テーマやジャンルなんてものは、考えても考えても定まらない時ってありますからね。

ある程度決まったら「エイヤっ!」で進めてしまうのも大事なこと。

基本、ブログってのはほぼノーリスクでできます。

WordPressでブログを作ったとしても、最初にかかる費用はドメイン代とサーバー代で年間10,000円程度の物。

どう間違えても、『借金苦に陥る』ようなリスクは存在しません。

失敗したら、またやり直せばいいだけの話。

でも、どうせやるんだったら最初にしっかり土台の部分は固めておいた方が、後々のブログ運営が楽になります。

これは確実に言えること。

最初にしっかりと決めたテーマに沿って記事を書いていけば、いちいちネタ切れに困ることもなくなりますしね。

ブログを長期的に運営し、収益化させるためには、やっぱりテーマを最初に決めることはとても大事なことです。

では、最初にブログのテーマを決める時にどうすればいいのでしょうか?

【ブログのテーマ決めのために】過去の体験から自分自身を紐解く

「じゃあ、具体的にどうやってやテーマを決めればいいの?」

という疑問が湧きますよね。

考えてもテーマが定まらない場合は、まずあなた自身の過去を紐解いていってください。

どういうことかというと、あなたの人生を1つ1つ言葉にして書き出すんです。

  • これまでの人生をステージごとに区切る。
  • 感情の起伏があったイベントを全て思い出し、ひたすら書く。

ざっくり言うと、こういうことをやります。

こういった形で『脳みそがからっぽになるまで書き出す』作業を、ブレインダンプと言います。

これまでの人生であなたが感情を抑えきれずに溢れた出来事。

これこそが、あなたが情熱を込められるブログのテーマであると言えるでしょう。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

これまでの人生で感情の起伏があった瞬間を思い出す

例えば、幼少期、小学生、中学生、高校生、大学生、浪人時代、社会人(独身)、社会人(結婚後)…。

など、ざっくり割って3年ぐらいを目安にブロックを作っていきます。

この時、横軸が時間、縦軸が感情の起伏です。

数値にする必要はありません。直観・感覚で大丈夫です。

嬉しい出来事や楽しい出来事で自分のテンションが上がった時は、グラフが上昇。

逆に嫌な出来事や悔しい思いをした、嫌な人に嫌なことを言われた時は、グラフが下降。

こんな感じで自分の人生を紐解くと、これまでの人生が客観的に見れるようになります。

  • 中学生の時にキャプテンをやり、みんなをまとめている時は最高の自分でいられた。(上昇)
  • 高校生の時に人生を見失うほどの大失恋をして、そこから半年間ほぼ誰とも口を利けなくなった。(下降)
  • 大学受験に失敗して落ち込んでいたあの時、親友がくれた電話に救われてまた立ち上がれた(下降⇒上昇)

こんなイメージで、思いつく限り書いていってください。

仮にまだ10代だったとしても、紙に書き出してみると驚くほどたくさんのイベントが起きていたことに気付くはずです。

やり方はわかりましたか?これを広い意味でのブレインダンプと言います。

詳しいブレインダンプのやり方については、インターネットで検索してもらえればわかると思います。

一度やってみると楽しいですよ、脳の大掃除。

僕は自分の人生の目標を見失ったときに、このブレインダンプをやりました。

それこそ、夜の10時に初めて、気付いたら朝4時まで6時間書きっぱなし。

とんでもなく眠い状態でお風呂に入ったとき、脳が空っぽになったようですごく気持ちいい状態でした。

さて、そんなブレインダンプを通して、あなたのブログのテーマを決めてほしいんですが、その際に大事にして欲しい点が2つあります。

それは

『悩み』と『高み』

つまり、先ほどのグラフで言うところの『下降』と『上昇』です。

悩んだ経験=下降…それをどうやって乗り越えた?

あなたが過去に悩んだ経験は何ですか?

  • 勉強
  • 友人関係
  • 恋愛
  • 仕事
  • 子育て

あなたが悩んだ経験は、あなただけの悩みではありません。

世の中のどこかで、必ず同じように悩んでいる人がいるはずです。

そして、ここが大事なポイント。

悩みに対しては必ず解決法があります。そのアプローチ方法は違えど、必ず。

あなたが過去に深く悩み、その悩みを解決するために工夫し、最終的に解決したことは?

それこそが、あなたがブログを通して発信すべき情報です。

仮に今後ビジネスを展開していくことを考えるのなら、その悩みを持つ人をターゲットにするわけです。

つまり、10年前か、20年前、タイムスリップしてあの頃の悩んでいる自分に向けて記事を書くわけです。

高まった経験=上昇…その時どんな世界を見た?

もう1つは、グラフで言うところの『上昇』の部分。

つまり、あなたが『高み』を感じた経験です。

できれば、悩んでいたことが解決された時の気持ち、『下降』⇒『上昇』に行った経験を思い出すのです。

悩みを解決することで得た未来、それも、あなたが発信すべき情報です。

悩みと向き合い、悩みを解決し、その先に得た未来。

  • どんな気持ちになれた?
  • どんな世界を見た?
  • どんな未来が待っていた?

これも悩みと同様、あなた自身が経験したことであり、それをブログにぶつけていくのです。

【テーマは抽象的でいい】ムリに絞り込むと書けない

ブログのテーマを決めること。

何度も言っていますが、これはとても大事なことです。

ですが、あまりテーマを絞りすぎると、『動けなくなってしまう』という弊害があります。

すごく極端に言えば、『1歳3ヶ月の子育て』というテーマでブログを書くとしましょう。

最初の10記事ぐらいは書けるかもしれませんが、たちまちネタ切れしてしまうことでしょう。

であれば、この場合はぜひ『育児』あるいは、『子育て』というテーマにしてしまいましょう。

これなら、

  • 0歳児の育児。
  • 2歳児の子育て。
  • 男の子なのか、女の子なのか。

などなど、テーマを無限大に広げて記事を書くことができますからね。

イメージは、パソコンにあるフォルダです。あのデスクトップにある四角いアイコンたち。

例えばあなたのパソコンに『仕事』というフォルダがあったとしましょう。

その『仕事』の中に『月次ルーティン』、『来客対応』、『顧客訪問』、『プレゼン準備』などと細かくフォルダが分けられますよね。

さらにその『月次ルーティン』の中にも、例えば『伝票入力』『受注確認』『発注書作成』などの業務があると思います。

この例でいうと、最も上部にある名前『仕事』に当たる部分をテーマにすると良いです。

そこから枝分かれしたカテゴリを作成し、どんどん記事を書いていくことになります。

最後に

今回は、ブログのテーマ決めについて思うことを書きました。

とにもかくにも、自分の過去をほじくり返してみることが大切です。

ここで大事なことは、「脳みそが空っぽになるまでやり切る」こと。

「もう出ないよ~~」と思ったところが勝負所です。

そこでもうひと踏ん張りしたら、今まであなたが意識もしていなかったような感情が浮き上がってきますよ。

「もっと詳しいブレインダンプのやり方を教えてほしい!」という人は、ぜひとも連絡ください。

お問い合わせか、コンタクトフォームからお待ちしています。

それでは!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク