ブログのアクセスが増えない時に考えられる5つの原因と具体的対処法

ブログ アクセス 増えない

「どれだけ記事を書いても一向にPVが上がらない!」

そんな悩みをお持ちでないですか?

ブログを通じてお金稼ぎや目標を達成したいのなら、アクセスやPVを気にするのは当然のこと。

ですが、いつまで経ってもアクセスが上がらないのであれば、何か問題がある可能性が高いです。

今回は、そんなPVが上がらないブログについて、考えられる原因を探ってみます。

その原因を解決するだけで、一気にアクセスが伸びることがありますからね。

あなたのブログのPVが一向に上らない時に考えられる5つの原因

PVが上がらない原因として、主に考えられる原因は5つあります。

  1. 記事数が少ない
  2. 拡散の施策がとられていない
  3. 記事がつまらない
  4. 記事の質が低い
  5. タイトルがクソ

では、例によって1つずつ見ていきましょう。

記事数が少ない

まず、そもそも記事が少ない場合が挙げられます。

例えどれほど熱意を込めた記事だろうと、10記事や20記事ではなかなかアクセスは集まりません。

なぜなら、Googleは良質なコンテンツを優先して検索上位に表示させようとするからです。

1記事2記事いい記事があっても、『サイト自体にパワーがない』とみなされてしまうんですね。

また、短期間に10記事や20記事を書き上げたとしたら、そもそもGoogleが認識していない可能性もあります。

徐々にブログのパワーがついてくるのが感じられるのが、やっと30記事ぐらい書いたところ。

遅ければ50記事とか60記事ぐらい書かなきゃ、Googleには上がってこないですからね。

とにかく、まずは記事数を増やしましょう。

で・す・が・・・

がむしゃらに記事数を増やせばいいという訳ではない。

ということも覚えておいてください。

以前であれば、しょーもないコンテンツでも、記事数を増やせばそれだけで、Googleからの評価は上がりました。

ですが、今は記事数が多くても、質の低いコンテンツに対してGoogleは評価してくれません。

それどころか、Googleは質の低いコンテンツに対してはマイナスの評価さえつけることもあります。

だから、『とにかく記事数を増やす!』などという戦略は、NG。

1週間でくだらない記事を7つアップするぐらいなら、しっかり調べた質の良い記事を1週間で1つアップする方がいいでしょう。

記事拡散の施策がとられていない

「自分が魂込めて書いた記事なら、きっとそのうちGoogleや誰かが評価してくれるさ!」

なんて淡い期待を抱いてませんか?

そんな甘いことを言っていても始まりません。

自分が書いた記事が素晴らしいと思うのであれば、遠慮せずにどんどん世の中に広めていきましょうや。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+

などなど・・・

拡散の施策を取らなければ、そもそも誰の目にも留まりませんからね。

SNSは一過性のモノ

しかし、SNSに頼りすぎるのもまた危険、ということも覚えておいてください。

なぜなら、SNSは一過性のものだから。

Twitterのタイムラインを想像してもらえればわかると思います。

仮にあなたのつぶやいた内容がものすんごくおもしろくて日本中に拡散されたとしましょう。

そのつぶやき、1週間後にもまだどこかに残ってると思います?

残らないんですよねー。ほぼ、残らない。

その点ブログなら、2年でも3年でも、内容が良ければ10年先でもまだ検索結果に残り続けます。

まれに検索で『2007年に書かれた記事』なんかがヒットする時ってありますよね?

ものすごく良質な記事と判断されれば、数年単位で検索上位に表示され続けます。

これが、いわゆるロングテール戦略ってやつ。

Twitterなどのツールは、一時的にあなたのブログを世の中に知らしめるのに役立ちます。

ですが、あくまで一時的であることを忘れないでくださいね。

記事がつまらない

「お前の記事、つまんねーよ!」

これ、言われたらどうしようもないっすよね。笑

誰かに直に言われたら、正直傷つきます。

ですが、そんなことにめげて「ブログやめちゃるわ!」なんて逆上しても何も解決しません。

そもそも、『つまらない』というのはどういうブログでしょうか?

まずはあなたのブログを客観的に見てみましょう。

読みにくい記事

  • 読みにくい
  • 支離滅裂
  • 何が言いたいのかよくわからない。

これらのことに心当りがあれば、丁寧に書くことを心がける必要があります。

読者がどんな情報を求めているのか?

ちゃんと把握して、読者が「なるほど!」とうなるような記事を書くのです。

熱意が足りない記事

  • 熱意が入っていない
  • 情報が足りない
  • 無味乾燥である

こんな状態であれば、過去記事を見直し、情報を加えていってください。

なんとなく、妥協して「こんなもんでいいか」と思って記事をアップしていませんか?

  • ここに画像があればもっと親切かな。
  • 具体例があるとわかりやすいなぁ。

と感じたら、妥協せずにしっかりと書きましょう。

時間はかかっても構わないです。

中途半端なコンテンツを書くぐらいなら、書かない方がマシ。

地道な作業が結果的にブログのパワーを強くし、アクセスが集まるようになってきますよ。

イタイ記事

  • スベってる。
  • イタい。
  • キモイ

修正不可。諦めましょう。

というのは冗談で、やはり読者の視点に立ち、丁寧に、わかりやすく書くことを心がける必要があります。

スベってるというのは、自分ではなかなか気づきにくいもの。

身近で率直に意見を言ってくれる人に自分のブログを見てもらってはいかがでしょうか?

記事の質が低い

先ほどもお伝えしましたが、Googleは『ブログの質・コンテンツ』を重視しています。

あなたの記事の質が低ければ、いつまで経ってもGoogleで上位に表示されませんからね。

そうなると、当然アクセスも上がらない、という結果に。

なので、こういう場合はとにかく、記事の質を上げることを徹底的に意識しましょう。

具体的な方法をお伝えすると、

まずはあなたが狙ったキーワードで検索してみてください。

その中にあなたの記事は何番目に表示されていますか?

おそらくほとんどは1ページ目に表示されていないと思います。

まずはその検索結果1ページ目に表示されている記事を、上から5つ読んでください。

あなたの記事は、それら5つの記事に勝っていますか?

どうせ書くなら、中途半端な物を書いても何にもなりません。

一位、狙っていきましょうや。

その5つの記事のどれよりもステキな記事に仕上げていきましょう。

それができたら、狙ったキーワードで検索一位表示ができるようになりますよ。

タイトルがクソ

きました、タイトル。

  • ブログで記事を書く時は、内容よりもタイトルが大事
  • 記事を書くときは、タイトルに99%の力を注げ

こんな風に言われるほど、記事タイトルは重要です。

記事タイトルは、お見合いでいう所の『始めに相手に送信する写真』に匹敵するものです。

お見合い写真を撮る時に、髪ボサボサで、パジャマで、ノーメイクで、撮影しますか?

しないですよね。

それと同じで、記事タイトルは可能な限り魅力的なものにメイクアップする必要があるんです。

どれだけ内容が良くても、クリックされなければ何の意味もないですからね。

最後に

と、色々お伝えしましたが、僕なりのPVアップ術はわかって頂けましたでしょうか。

何よりも

『読者の視点に立って、読者がおもしろいと思う記事を書く』

ことを大切にしてください。

そのための努力は惜しまない。そう、本気度が大事。

長い記事を書いていると、疲れて「もういいや、投稿!」と投げやりになってしまうこともあります。

ですが、そこで妥協せずに

  • ここに画像や表があるとわかりやすいぞ。
  • 具体的な例えが思い浮かばないけど、じっくり考えてみよう。

などと、奮起する気持ちが大切です。

スピードも大事ですが、記事に対しては妥協しないようにしてくださいね。

諦めずにコツコツと頑張りましょう。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク