読まれないあなたのブログ記事を劇的に生まれ変わらせるPREP法

blog

「おもしろい記事が書けない!」

「書いているうちに文章がしどろもどろになっていく…」

そんなブログ記事の書き方に関する悩みを持つ人はたくさんいます。

実際、記事を書くのが苦手な人には、ある共通点があるんですね。

それは、『構成ができていない』ということ。

ブログで記事を書くときに、始めに構成を考えてから書くことはめちゃくちゃ重要です。

もしかして、何も考えずにPCに座って、思いつくまま書いていませんか?

記事を書くのに勢いは大事なんですが、構成を考えずに書き出してしまうと、結局

「あれ、オレ何が言いたかったんだっけ…?」

となってしまいます。

では、具体的にどのような構成で記事を書いていけば良いのでしょうか?

ブログで『読まれる』記事をかくためのテンプレート

ブログで読まれる記事を書くための1つの方法として、『PREP法』というのがあります。

「PREP法って何?」というあなたに、簡単に説明しますね。

PREP法は、主にプレゼン資料や上司への報告書など、ビジネス文書を作成する際に用いられる文章校正の雛型のことです。

『PREP』とは、直訳すると『準備』という意味になりますが、頭文字をとったものなので、特に関係ありません。

『PREP法』の『PREP』とは

  • Point
  • Reason
  • Example
  • Point

この4つのイニシャルをそれぞれとった用語であり、文章をこの4つで構成するのが、PREP法になります。

あなたの記事を魅力的にする『PREP法』の最大の特徴

PREP法には、一番最初に文章の要点(結論)を持ってくる、という特徴があります。

「結論をできるだけシンプルに、先に言うこと」

これは、ビジネスの場面でもよく言われますよね。

要は、タイトルを読んだだけで、そのコンテンツがどのような内容なのかを読者に把握させる。これぐらいの意識が必要です。

例えば、この記事を例にとってみましょう。

この記事のタイトルは『読まれないあなたのブログ記事を劇的に生まれ変わらせるPREP法』となっています。

このように、本文の内容がイメージできるタイトルとなっているか?

というのがすごく重要です。

実際、読者はあなたのブログを訪問したとしても、そのほとんどは数行しか読みません。

あなたにも経験があると思います。

「お、このブログおもしろいかも?」と思って訪問したけど、最初の数行でブラウザを閉じたこと。

一度つかんだ読者を離さないためにも、最初の数行でしっかりと結論を述べ、読者を惹き付けることが大事なんですね。

具体的にPREP法を用いたテンプレートで記事を書いてみよう

では、具体的にPREP法をあなたのブログに落とし込む方法をお伝えします。

  1. P…Point(結論)⇒今回あなたが一番言いたいことはなんですか?
  2. R…Reason(理由)⇒その理由は何ですか?
  3. E…Example(具体例)⇒あなたの体験や第三者の意見など、具体的な裏づけはありますか?
  4. P…Point(再度結論)では、最後にもう一度あなたが言いたいことは何ですか?

これが、最も簡単に示したPREP法の各要素の内容です。

では、このPREP法を用いて、今あなたが読んでくれているこの記事を紐解いてみましょう。

・Point

ブログの記事を、読まれるおもしろい記事にするには?PREP法というテンプレートで、その悩みは解決されます。

・Reason

このブログもPREP法を使って書くことによって、記事がよく読まれるようになりました。

・Example

ブログ開設当初の僕は、何を書いても全然読まれる記事が書けませんでした。

しかし、このPREP法を意識することによって、記事や文章を書くコツをつかみ、今ではスラスラと読みやすい記事が書けています。

・Point

だから、僕はあなたにも、この『PREP法』を用いた記事構成を使い、魅力的な記事を書いていってほしいのです。

と、こんな感じです。

最後に

このように、記事の構成に『PREP法』を用いることで、あなたのブログ記事はよりおもしろくなります。

結論は先に言い、その裏付けとなる理由や具体例を示し、最後にもう一度結論。

ブログの『構成』を意識することで、

  • より読みやすい記事が書ける。
  • より読者を引き付ける記事が書ける。
  • スラスラ書けるので記事執筆時間も短縮可能。

といったようなメリットがあります。

ぜひあなたのブログにも応用してみてくださいね。

また、その他にもわからないことがあれば、都度コメントやメールをお待ちしています。

頂いた質問には全てお答えしていますし、ご質問にお答えすることで僕自身の勉強にもなります。

ご連絡はお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク