アドセンス用記事に必要な文字数の最低ラインと読みやすい記事の目安

アドセンス 文字数 目安 最低ライン

アドセンス用ブログを作っていくに当たって、よく受ける質問の1つ。

それが、

『ぶっちゃけ、文字数なんぼぐらいがええのん?頼むわ、教えてぇな』

というもの(別に関西人だけではないですけど)

確かにブログを書く上で、

  • 何文字書くべきか?
  • ここまでで何文字書いたか?

というのは常に気になるところ。

では、アドセンスに最適な文字数の目安というのはあるのでしょうか?

アドセンスブログにおいて文字数は気にしない

いきなり結論です。

僕は文字数は気にしなくて良いと思っています。

ブログを書くにあたって

  • あと何文字書かなきゃ。
  • 書きすぎたから減らさなきゃor2つに分けなきゃ。

などという余計なことを考えることは面倒くさいのです。

たった1つ意識すべきは

『読者の目線で見て自然な文字数かどうか?』

ということ。

読んでいて疲れるほど長ければ、2つに分ければいい。

また、

短っ!!と思うなら、量を足して増やせばいい。

それぐらいのイメージで結構です。

良質なコンテンツには、自然と人が集まります。

だから、自然を意識すればいい。

800文字は超えよう

と、老子みたいなテンションで『自然』『自然』と繰り返しましたが、

「ほな、自然って何やねん!?」

と、おそらく読者の120%が思ったことでしょう。

『自然』というのを言いかえるとするならば『違和感なく読める文章』を目指すべきです。

ただし、絶対的に超えなければならないと思うのは、800文字

あくまで持論ですが、800文字を下回る文章で人に気づきを与えるのはなかなか難しいもの。

よほどインパクトのある文章であれば別ですが、800文字は最低ラインとして超えるようにしてください。

どうしても800文字を超えられないような記事であれば、書かない方がマシかもしれません。

理想は2,000文字前後が読みやすく、書きやすい

文字数にこだわりすぎる必要はありませんが、1つの目安として、2,000文字を推奨しています。

理由は明白。

  • 読みやすいから。
  • 書きやすいから。

いたってシンプルです。

2,000文字を大きく下回ると、ちょっと物足りない感があります。

逆に2,000文字を大きく超えると少し読むのに疲れてきます。

もちろん画像の使い方や改行の仕方1つで読みやすさは変わるのでなんとも言えませんが。

質にこだわって記事を書くのであれば、ひとまず2,000文字を目安にしてみるのがいいでしょう。

大事なのは、文字数よりも記事の質

さて、色々お伝えしましたが、やはり最初に言ったように文字数はそれほど気にする必要はありません。

大事なのは、『文字数』よりも『質』です。

  • パンとハンバーグが3枚ずつ乗った九段ハンバーガー
  • 国産和牛を使用した、肉汁が溢れ出そうな世界に1つだけのジューシーハンバーガー

あなたならどちらが食べたいですか?

相変わらず例えが下手ですいませんが、たぶん後者でしょう。

まぁ、読者の気持ちになってみればわかると思います。

「あなたが他人のブログを見る時、文字数を気にしていますか?」

って話。全く気にしないですよね。

逆に、読む記事の質はちゃんとしたものを読みたいはず。

そういうことです。

文字数なんかよりも記事の質にこだわりましょう。

『読者の求める情報』を意識すれば必然的に文字数は増える

では、『記事を書き上げたつもりだけど文字数が足りない!』

と思った時はどうすればいいのでしょうか?

調べましょう。そして考えましょう。

本で、ネットで情報を探せばいい。

自分で実践して、友人や家族の声を聞けばいい。

  • 読者の求める情報は何だろうか?
  • この内容で読者が満足するだろうか?

こういったことを考えるだけで、必然的に良質な記事はできあがります。

他のサイトやブログの記事に負けない、あなただけのオリジナルコンテンツを作り続けること。

この意識を忘れないようにしてくださいね。

今日は以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク