アフィリエイトの商品販売ページを書く時にやりがちな失敗例

アフィリエイト 商品 販売 記事 失敗

テキトーな文章を書いていれば、自然とアクセスが集まって物が売れると思っていませんか?

断言します。

雑な文章をいくら書いても、アクセスは集まりませんし、商品も売れません。

  • ほぼ他サイトからのコピペで語尾を変えただけ。
  • とりあえず目標の文字数(例えば1,000文字)に届かせただけ。
  • 書いている途中で飽きちゃって結局後半はグダグダ。

こんな記事では、いくら書いてもアクセスは集まらないのです。

むしろ、くだらない記事を書くぐらいならお風呂にでも入ってリラックスする方がマシ。

適当な文章ばかりを書いてもアクセスは集まりません。

運よく検索上位に表示されたとしても、リピーターはつかないのです。

戦略的に読者を捕まえ、アクセスを上げていくためには、記事に気持ちを込めるのが必要不可欠。

圧倒的情熱・熱意を込めて記事を書き上げていきましょう。

一生売れないカスアフィリエイターの例

まずは反面教師から。

「こんな記事を書いていても絶対売れないですよー!」

ってな記事の書き方を紹介しましょう。

まずは、自分が『ダイエットサプリを探している』人になったつもりで、この文章を読んでみてください。

とにかくラクして痩せたいと思っていませんか?

一般的に、ダイエットには努力と根性が必須と言われています。

ですが、できれば頑張らずに痩せたいですよね?

そんな時にオススメなのが、この『痩せマックスサンダー!』

この痩せマックスサンダーなら、飲むだけで1ヶ月で3センチは痩せます。

その効果はあの超有名俳優『童顔フリーマン』も太鼓判を押すほど!

試しに友人に勧めてみたら、彼もみるみる1ヶ月で5キロは痩せました!

注目すべきは、その成分。カプサイシンは唐辛子のなんと30倍。

とある有名な研究所が10年かけてやっと開発した、まさに珠玉の名サプリ!

先輩ダイエッターからはこんな口コミが!(販売サイトからのコピペを羅列)

オススメ度は星5つです!

で、デカデカとバナーを貼って、はい完了。

みたいな。

クソやね。

さて、この文章を読んであなたは「買いてぇ!」と思ったでしょうか?

痩せマックスサンダー(仮名)に魅力を感じたでしょうか?

こんなしょーもない文章で購入されるんだったら、どんだけ日本人頭弱いねん、って話。

誰も買いませんよ。

「いや、俺はこんなアホみたいな文章書いてねぇよ!」

って思うかもしれません。

ですが、もしかしたらあなたもこのダメ文章に近いものを書いてしまっているかもしれません。

ということで、今回はこの販売ページの何が悪いのか?

というところを具体的に見ていきながら、魅力的な販売ページを作りあげていきましょう。

買い手の悩みをわかっていないのがバレバレ

一般的に、ダイエットには努力と根性が必須と言われています。

ですが、できれば頑張らずに痩せたいですよね?“

まず、相手の悩みがわかっていないのがバレバレです。

月並みな文言で『痩せたい』という気持ちに共感しようとしていますね。

ですが、こんな陳腐な文章からは

「お前、痩せたいなんて思ったことないやろ?」

というのがモロにバレてます。

もちろん「痩せたい」と思ったことのない人がダイエット商品を売る資格がない。

なんてことはありません。

「髪フサフサの人がカツラ売るな」って言ってるのと同じになりますからね。

自分が悩むことは必ずしも必要ではありません。

しかし、その悩みを知るための努力は必ずする必要があります。

映画俳優なんかは、役作りのために10キロ太ったり痩せたりしますよね?

プロの俳優はたった1シーンのピアノ演奏のために、1年間必死でピアノを練習したりしますよね?

僕らは物を売るために文章を書いているので、そこまでする必要はありません。

ですが、もしあなたが仮にダイエット商品を売ろうと思ったら、

最低限、

  • 痩せたい人の悩みを知恵袋やブログで読みまくる。
  • 本屋に行ってダイエット関連の雑誌を読みまくる。
  • 実際に痩せたい人、頑張ってダイエットに成功した人の話を聞く。

これぐらいは最低限やりましょう。

でないと、本当に悩んでいる人の心に響く文章などは絶対に書けないから。絶対。マジで。

説明に対する根拠が皆無

続いてのダメな点は、『圧倒的根拠不足』

この部分をもう一度見てみてください。

この痩せマックスサンダーなら、飲むだけで1ヶ月で3センチは痩せます。

その効果はあの超有名俳優『童顔フリーマン』も太鼓判を押すほど!

試しに友人に勧めてみたら、彼もみるみる1ヶ月で5キロは痩せました!

注目すべきは、その成分。カプサイシンは唐辛子のなんと30倍。

  • 飲むだけで1ヶ月で3センチ⇒根拠は?
  • 『童顔フリーマン』⇒誰??
  • 彼もみるみる1ヶ月で5キロは痩せました!⇒誰????
  • カプサイシンは唐辛子のなんと30倍。⇒だから?

という、なんとも痛々しいツッコミが死ぬほど入れられます。

ダイエット商品を扱うのなら、

  • どんな仕組みで痩せるのか?
  • 具体的にどんな効果があるのか?
  • 誰が何キロ痩せたのか?
  • どんな成分なのか?

ちゃんと書かなきゃダメです。まじで。

っていうか全体的にウソっぽすぎます。誰も信用しません。

手抜き感満載の商品紹介文

最後に、この部分。

というか上に挙げた悪い例の全ての文章に手抜き感が満々載々でございます。

自分で書いてて恥ずかしいぐらい気持ち悪い文章ですな、ホント。

とある有名な研究所が10年かけてやっと開発した、まさに珠玉の名サプリ!

先輩ダイエッターからはこんな口コミが!(販売サイトからのコピペを羅列)

オススメ度は星5つです!

  • とあるって何よ?
  • 口コミ完全にコピペやん。自分ですら読んでないやろ。
  • 星5つの基準は?根拠は?

結局、こんな記事は誰からも信頼されず、すぐにブラウザを閉じられるのがオチ。

アフィリエイトにおける商品紹介ページに型などは存在しません。

とにかく

  • 悩んでいる人のことを知る。
  • 商品のことを知る。
  • 悩みを解決である商品である。

ということを情熱を持って伝えることです。

そうすれば、多少文章が下手くそでも、商品は売れますよ。

最後に

アフィリエイトにしても何にしても、モノを売るために絶対必要なこと。

それは『相手の視点に立つ』ということ。

大事なことなのでもう1回言います。

「モノを売るためには相手の視点に立て」

  • ターゲットとする読者の人物像を「これでもか!」というぐらい具体的にイメージし
  • ターゲットが持つ悩みの奥の奥の奥の奥まで理解するよう努力し
  • 『売る』気持ちを捨てて読者のためになるよう文章を書き上げていく。

ここまでやってやっと合格ラインです。

人にお金を払ってもらう(買ってもらう)というのは、本当に難しいです。

よく

  • アフィリエイトは簡単!
  • たった1ヶ月で月収100万円!
  • 寝ているだけでジャンジャン稼げる!

こんな甘い話、あるわけないじゃないですか。

アフィリエイトに必要なのは、地道な努力と諦めずに継続すること

逆に、諦めなければ必ず成果は出ます。

だから、成功するまで試行錯誤を繰り返して頑張ってほしい。

書いた記事は何回でも見直してください。

ありえへんぐらい、じっくり時間をかけてください。

あなたが心から満足する記事が出来上がった時、やっと商品が売れるでしょう。

諦めずにガンガレ!

それでは。

P.S.

と、ボロクソに申し上げましたが、1つ暴露します。

実は冒頭にある悪い例の文章、アフィリ初心者の頃に僕が書いた記事にすごく近いです。

当時はとにかく

  • 早く売りたい
  • 簡単に稼ぎたい
  • 誰か買うやろ

みたいな軽い気持ちで手抜き記事を書いていました。

結果、何個も記事を書いて何個もブログを量産しましたが、半年やっても成果は出ませんでした。

そこで気付いたんです。

『アフィリエイト記事に魂を込めなければ、人は動かない』

ということに。

恥ずかしい話です。

だからあなたももし、「記事を書きまくっても一向に売れない」と思うのならば一度立ち止まってください。

そして『自分は本当に読者に有益な情報を与えられているか?』『読者の視点に立てているか?』

ということをもう一度考えてみてください。

コツを掴めば、売れるコピーがどんどん書けるようになりますよ。

あなたが痩せマックスサンダー(仮名)をバンバン売っている未来を願っています。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク