パソコンの使い過ぎで肩こりに悩む現代人がとるべき対処法3つ

パソコンの使い過ぎで肩こりに悩んだことはありませんか?

特に仕事で内勤をしている人や、毎日ブログ更新を心がけている人。

という人の中には、どうしようもなく肩が凝るという悩みを抱えている人がけっこういます。

そこで今回は、パソコンの使いすぎによる肩こりを解消するための方法をご紹介します。

パソコンの使い過ぎで肩こりになる原因

その前に、なぜパソコンを使いすぎて肩こりになってしまうのか?

その原因を大きく3つお伝えしましょう。

  • 姿勢が悪い。
  • 同じ姿勢で長時間座っている。
  • 目の疲れからくる肩こり。

で、このどれか1つでも当てはまるなら、改善の必要があります。

もっというと、3つとも当てはまっている場合は要注意。

パソコンによる肩こりに困った時は

では、そんな時はどうすればいいのでしょうか?

その解決法は大きく4つ。

  • 椅子の高さを変える。
  • 50分に1回は立って体を伸ばす。
  • パソコンの明るさを変えてみる。

椅子の高さを変える

まずは、椅子の高さを変えてみること。

椅子の高さを調整するだけで、余計な力がかからないように座ることが可能になります。

意外に思えるかもしれませんが、椅子には浅く腰掛けましょう。

真ん中よりも少し前に座り、膝を直角にまげて浅く座ると、長時間作業をしても疲れにくくなりますよ。

50分に1回は立って体を伸ばす。

どうしても「キリのいいところまで!」

とかなんとか言って、座りっぱなしになりがちなのが僕たちの悪い癖。

それでもやはり、こまめな休憩は必要不可欠。

人間の集中力は50分しか持ちません。

逆に、その50分に全力投球し、そこから10分は全力で休みましょう。

どうしても2時間、3時間と座りっぱなしになってしまうという人は、水を飲む習慣をつけるといいかも。

水をしっかり飲んでいると、1時間に1回ぐらいトイレに行きたくなります。

これで強制的に席を立ち、無理やりにでも休憩時間を作り出すわけです。

パソコンの明るさを変えてみる。

実は、パソコンを使用するときのディスプレイの明るさも、肩こりに影響します。

初期設定のパソコンだと、ディスプレイが明るすぎる設定になっていることが多いモノ。

目安は、部屋と同じぐらいの明るさにしてみましょう。

或いは、反射を抑えるシートなどを買って貼ってみるのもいいかもしれませんね。

最後に

忙しい現代人なら、肩こりの悩みは切っても切り離せないものでしょう。

僕もついついブログを書き続けている時、うっかり肩こりになってしまうこともよくあります。

番外編として、ブログを書くときにパソコンに向かいすぎているのなら、音声入力で記事を書いてみるのも1つです。

ちなみに僕は、ほとんどの文章の下書きを音声入力で書いています。

まだ試したことが無い方は、ぜひお試しあれ。

抜群のスピードでストレスなく記事を書くことができますよ。

ブログを書くのにお勧めの音声入力ツール(音声認識メールクラウド)

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク