稼げるブログのジャンルを選定するために心に問いかけるべき3つのこと

question-mark

「ブログで稼ぎたい」

インターネットの普及に伴い、スキマ時間でできる『ネット副業』に興味を持つ人がどんどん増えてきました。

僕がよく受ける相談の中に「まず何から始めればいい?」というものがありますが、僕の答えは常に1つ。

「とにかくブログを始めろ」

とにかく、今現在、あなたに副業のアイデアがないなら、ブログを始めるべきです。

まだ稼いだ実績がない人が「とりあえず稼ぎ方を教えてほしい」と悩むなら、まずはブログから、です。

ネットで稼ぐのが難しいと思っている人がまず挑戦すべき3つの方法

しかし、ブログを始めると決めた後、次の悩みが現れます。

それは、

どんなジャンルのブログを作るべきか?

という問題。

これがなかなか決まらないんですよねー。

そこで今回は、稼ぐブログを作っていくためのジャンル選定の方法をお伝えします。

ブログで稼いでいくために設定すべきブログのジャンルとは?

あなたがこれから「ネットで稼いでいこう!」と思うのであれば、この3つの基準を満たしている必要があります。

それは、

  1. 稼げるかどうか。
  2. あなたが過去に同様の悩みを持ったことがあるか。
  3. 情熱をもって人に伝えられるか

この3つ。

あなたが作るブログは稼げるジャンルであるか?

あなたのブログに書くことは、なんでもかまいません。自分のブログですからね。

でも、そのブログを長期的に収益源にしていくのであれば、必ず大事にすべきは「稼げるジャンルかどうか?」

では、稼げるジャンルというのはどういうジャンルでしょうか?

それは、『深い悩みが存在し、多くの人が悩むジャンル』です。

もう少し具体的に言うと、

  • 稼ぎ方
  • 美容
  • ダイエット
  • 健康
  • 恋愛
  • 資格
  • 育児

特に初心者がブログで稼ごうと思うなら、この7つのうちのどれかにするのがオススメです。

稼げるジャンルは、『悩みを持つ人の多さ』と『その悩みの深さ』である

稼げるジャンルかどうか?というのは言い換えると、

『その悩みを持つ人が多いかどうか』

そして

『その悩みは深いものであるかどうか』

ということが重要になってきます。

これは例えば本屋に行ってもらえばわかると思います。

本屋にはいろんなジャンルの本がありますよね?

当然、人気のジャンルの本や雑誌をたくさん置きます。その方がより多くの人に買ってもらえるからです。

特に男性の人が女性誌のコーナーを見ると、その雑誌の多さと本屋の取り扱いの多さに驚くことと思います。

いくら自分が「好き」なテーマでも、そこに需要がなければ収益は発生しません。(頑張れば発生するでしょうが、効率が悪すぎる)

例えば、僕は剣道をやっています。まぁけっこう剣道好きなんで、たまに本屋さんで剣道の雑誌を買うんですね。

で、剣道の二大雑誌ってのがあって、それが『剣道日本』と『剣道時代』。

いまやニッチ過ぎて、置くのをやめた本屋も結構あります。

それだけ、世の中のニーズが少ないということです。

逆に女性向けの『美容』とか『ダイエット』などの雑誌というのは、そもそも置いている雑誌の種類も数も膨大。

なのであなたがもしブログのテーマに悩んでいるのであれば、一度本屋に行ってざっと辺りを見回してみることをおすすめします。

本屋に行くと、今の世の中のニーズがわかる。

と言っても過言ではないぐらいですね。

なぜ稼ぎやすいテーマを選ぶべきなのか?

では、なぜ稼ぎやすいテーマを選ぶべき?という疑問について回答します。

あなたがこれからブログを遣って行っていくのは、情報を発信することで儲けるビジネスであるということ。

それは、Google Adsenseでもアフィリエイトでも、何でも同じこと。

大前提として、『そもそも世の中の人がその情報を欲しているか?』というのがとても重要になってきます。

『情報を欲する』というのは言い換えると、『Googleで検索する』ということ。

その検索でヒットする記事を書くために、世の中のニーズをくみ取ってブログを作っていく。

これがまず大事なことなんです。

逆に、選んではいけないジャンルは?

逆に、絶対に手を出してはいけないのが趣味のジャンルです。

なぜ趣味の情報を発信してはいけないのか?ですよね。

なぜなら、こういった趣味のジャンルで検索をする人は、お金を払ってでも解決しないしたいことがほとんどないからです。

人がモノを買う時に働く、3つの購買心理というものがあります。

人がモノを買う理由は、

  1. 苦痛から逃れるため。
  2. 快楽を得たいため。
  3. 時間を短縮するため。

そしてその購入の8割は、『1.苦痛から逃れるため」に支払うものなんです。

こう考えればわかっていただけると思います。

美容やダイエットの悩みを解決するために商品を探している人

趣味のフィッシングをより楽しみたいと思っている人

どちらがよりモノを売りやすいと思いますか?間違いなく、前者です。

あなたが過去に悩んだことのあるジャンルを設定しているか?

稼げるジャンルを選ぶべきというのをお伝えしたあとで、次に大事になるのが、

「そのジャンルについて、あなた自身が悩んだことがあるか?」という問題。

あなたが有益な情報を発信していく場合、過去に自分が悩んだことがある、というのはものすごい強みになります。

  • 読者に寄り添い、共感できる。
  • 悩んだ自分だからこそ、自分なりの解決方法を提示できる。
  • 記事ネタに悩むことがない。

自分が過去に悩んだジャンルでブログを書くことは、こういったメリットがあります。

例えば僕は以前、ダイエットに関するブログを量産したことがありますが、ほとんど思った収益に届きませんでした。

それは、『僕がダイエットに悩んだことがなかった』から。

読者の悩みを知ることができなかったんですね。そりゃ、商品紹介しても売れないですよね。

だから、できるだけ自分が過去に悩んだことのあるジャンルを設定すべきです。

今までの人生、勉強、受験、資格取得、恋愛、就職、仕事、育児…あなたが悩んだことを想い出してみましょう。

情熱をもてるジャンルであるか

ここまでで今回言いたいことはほとんど言いましたが、もう1つ。

「それはあなたが情熱をもてるジャンルであるか?」

これを忘れてしまってはいけません。

いくら稼げるジャンルであっても、自分が全く興味のない分野に手を出すのはお勧めしません。

なぜなら、モチベーションが続かないから。

特にあなたがブログ初心者の場合、この『モチベーション低下問題』を甘く見てはいけません。

  • あなたが情報を発信することで、あなたの読者にどんな気付きを与えたいのか?
  • その情報を得た相手にどんな未来を歩んでほしいのか?

少し大げさに感じるかもしれません。

でも、情熱のない所に人は集まりません。

情熱が注げないジャンルを選んでしまうと、結局つまらないコピペばかりの記事になってしまうでしょう。

魅力的な記事が書けない⇒アクセスが上がらない⇒やっていても楽しくない⇒撤退。

ほら、あなたが挫折するルートが見えてしまった。

あなたには、こんな失敗をしてほしくない。

最後に

いかがでしたか。

これからブログのジャンルを決めていく上で大事にしてほしい3つのポイント。

  • 稼げるジャンルか。
  • 過去に悩んだことがあるか。
  • 情熱をもてるか。

全て満たしていればベストですが、必ずしもすべてを満たしている必要はありません。

それでも、できれば上の3つのうち、2つは当てはまるジャンルを選ぶようにしてくださいね。

ジャンルが決まったら、あとは走っていくのみです。

共に精進しましょう。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク