【こんな書き出しは嫌われる】ブログ冒頭文で失敗している人の例7つ

shippai-kakidashi

ブログを書いていると、色々なモノの見方が変わってきませんか?

もう少し具体的に言うと、

ブログを『読む』側から『書く』側になると、他人のブログを見る視点が変わってくる。

ということ。

中には

「すげぇ!こんなに上手い文章俺も書いてみたい!」

と思う人もいれば、

「うへぇ、きっっもwww」

と思わざるを得ない人がいるのも事実。

あなたには是非、前者を目指してブログを書いていってほしいと思うのです、はい。

ブログで冒頭の書き出しからもう失敗している人

そして今回はブログの冒頭文にフォーカスしてみます。

もうそもそも、冒頭の所から「きんもちわるーいにおい」を醸し出しまくっている『自称プロブロガーさん』いますよね。

そういう人からは、「あぁ、俺はこういう風にはしないでおこう」という学びを得ましょう。

では、冒頭がミスっている記事の7つの例を見ていきますね。

本文と関係なさすぎる冒頭文

毎度どーも!コッテコテの関西人、大谷やで!(⇒知らん)

いやー昨日はとんでもないことが起きましてね~。(⇒何や)

実は、寝る前に蚊がいたので一匹倒したんですよね。真剣白“蚊”取り!ってね。(⇒…)

でも朝起きたら手とか足とか刺されてて…。(⇒刺されろ刺されろ)

なんともう一匹いたんですよ!(ずっぴょーん!)(⇒ずっぴょーん?)

っていう話は置いといて。

今日僕がお伝えしたいのは~~~~~

っていう話は置いといて?

 

置いといて?

イタいですね~こんな冒頭分。

『フランクなご挨拶』と言えばそれも大切なことなんですが、あまりにもくどいと、読者からは嫌われます。

「俺の貴重な時間を返せよ!クソ野郎!」

てな具合に。

ガチャガチャしてる

これは冒頭に限ったことではありませんが、何やらガチャガチャしたブログは、僕はあまり好きじゃない。

ってか、秒速でブラウザを閉じます。

具体的には

  • ・ギャル語多様
  • ・絵文字多様
  • ・もう全部ピンク

「ぁたしゎぁたしのみちをユク」

オッサンの僕には、例文が思いつかないぐらい馴染がありません。

読者のことを考えて書かなきゃ。こんなもん、ダメよ。

やたらと長い冒頭文

これもよく見かけます。

どーも!大谷っす!みなさん、元気ですか?僕は元気です!!元気があまりまくって暴れております!いえ、あばれる君ではありません!

ところで僕が今日東京駅で暴れたらどうなるんだろう?掴まるのかな。掴まったらどうなるのかな。刑務所でご飯を食べる生活になるんでしょうか!!

刑務所と言えば、こないだあった大阪の事件。あれ、犯人って、実は僕の隣の中学校の人だったんです。もしかしたら友達の友達の友達らへんかも・・・・・・・・・・・・・

しらーん!(閉じる)

やたら難しい言葉を使いたがる

冒頭から賢いイメージを醸し出したいのか、やたらと難しい言葉を使って書き出しをする人。

はっきり言おう、気持ち悪いぞ!

さらに、その難しい言葉が間違っていることがばれた時の恥ずかしさったら、半端じゃないですよ。

簡単な言葉でいいんです。

ブログを読む人はそんな専門書チックな難しい文章を求めていません。

「難しい言葉を使いたがるヤツほどバカが多い」

これを覚えておいてくださいね。

長々と季節感のある文章

こんばんは!今日も寒いですねー。今朝なんかはマイナス5度を記録したらしいです。

明日はもっと寒くなるとかなんとか…。しかも雪も積もってますね。

ここまで寒いと鼻水がツララになっちゃうんじゃないかなーと・・・・・・・

者が冬に読むとは限らない!次!

言い訳から入る

どうもー!最近仕事が忙しくてブログの更新が滞っておりました(汗)。

1ヶ月も記事を書かなかったのは久しぶりです。いつも読んでくれてる読者の方、お待たせしてゴメンナサイ!!

待ってない!次!

自分の今現在の詳しい状況

どうもー。今日は著しく腹を壊してます。。。

原因はわかっています。

昨日生ガキを食べたので。

僕って、昔からお腹弱いんですよね。なので今日は整腸剤を飲んで控えめに過ごし・・・・・・・・

知らん!

最後に

ブログの冒頭文失敗例ベスト7、いかがでしたか?

まぁ、自分のブログだし誰にも迷惑かけてないから、何書こうと自由なんですけどね。

でも、せっかくだからあなたには「読者をひきつけ、読者がためになったと思う」記事を書き続けていってほしい訳です。

あなたが冒頭文について考えて頂けるキッカケになればと願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク