あなたのブログ記事を読みやすい文章にする具体的な6つのテクニック

「文章力がないから、自分の記事に自信が持てない。」

ブログを書いていてこういう悩みを持つ人は少なくないようです。

しかし、断言すると、

『おもしろい記事を書くのに、文章力は要りません。』

正確に言うと、文章力だなんだと小難しい言葉は必要なく、あくまで『読みやすい』記事であることが大事です。

つまり僕らのように、一般人相手に記事を書く時は、

プロのライターのように物凄い文章を書く必要はないのです。

記事を書く上で最も重視すべきは『読者が読みやすいかどうか?』ということだけ。

そこにあなたの考え、意見、熱意を乗っければ、たちまちあなただけのオリジナリティあふれる文章ができ上がる、というわけ。

あなたのブログ記事を読みやすい文章にするための6つのテクニック

では、具体的に『読みやすい記事』とはどんな記事なのでしょうか?

これについては色んな基準があるのですが、まずは

『下までスラスラ読んでしまう記事』

を目指しましょう。

そのための具体的なテクニックは、6つあります。

1つずつ見ていきましょう。

読者に疑問を持たせる

まずは読者に疑問を持たせること。

ブログは、一方的な情報の発信だと思われがち。

ですが実際、考え方としては『会話』を意識すべきです。

要は、一方的にあなたから言葉を発し続けるのではなく、常に読者の心の中に起きる疑問や意見を交えてブログを書くイメージが必要です。

例えば、冒頭の文を抜粋して例に挙げてみます。

この記事の冒頭の文章を一部抜粋しています。

ここの()の中は、読者の頭の中をイメージして書いています。

~~~

しかし、断言すると、

『おもしろい記事を書くのに、文章力は要りません。』

(え、マジで?どういうこと?)

正確に言うと、文章力だなんだと小難しい言葉は必要なく、あくまで『読みやすい』記事であることが大事です。

(読みやすい記事ってどんな記事よ?)

では、具体的に『読みやすい記事』とはどんな記事なのでしょうか?

~~~~

『下までスラスラ読んでしまう記事』

を目指しましょう。

(どうやって書けばいいんだろう?)

そのための具体的なテクニックは、6つあります。

~~~

どうでしょう?

仮にこの()を取り除いてしまえば、会話が成立してしまいますよね?

つまり、一方的に情報を与えるだけでなく、常にブログ記事を書くときは

『ここで読者がどんな風に思うだろうか?』

というのを想定しながら書きましょう。

すると、スラスラと読みやすい記事になっていきます。

会話形式の記事を作るのも、1つの手ですね。

WordPressなら、『Speech Bubble』というプラグインを使えば簡単にこの会話形式の記事が書けます。

興味があれば、どうぞ。

写真でインパクトを与える

文章を読みやすくするために文章を良くすることは当然なのですが、

下までスラスラと読んでもらうためには、画像の活用も1つの手です。

アイキャッチ画像を含め、ブログ記事に画像を入れるべき理由はいくつかあります。

  1. 伝えたいことを一瞬で伝えられる。
  2. 記憶に残りやすい。
  3. 『文字だけ』という印象をなくす。

どうしても、ブラウザを開いて『文字だらけ』の記事だった場合、疲れている時などはちょっと読むのに疲れることもありますよね。

そんな時、画像は『小休止』の意味合いでとても効果的です。

各見出しごとに画像をあてこむか、1記事に1~2枚と基準を決めて画像を入れるか。

その辺は個人の自由です。

ただ

  • あなたの言いたいことを一発で伝えられるような画像がある時
  • 文字ばかりでここらで疲れるかな?と感じた時。

こんな時は画像を活用してみましょう。

但し、あまりにもたくさんの画像を使い過ぎると、ブログ自体が重くなってしまうのでその辺は要注意です。

具体的な数字を入れて真実味を与える

数字は嘘をつきません。

読者にインパクトを与え、読者の印象に残るような記事を書く為には、数字を活用するのも大事なこと。

  • 『日本の人口って、めちゃめちゃ多いよねー!』
  • 『日本の人口って、2013年時点で1億2千7百万人もいるんだぜ!』

どちらが印象に残るか?明白ですよね。

或いは、

  • 『何ヶ月か頑張ればお小遣い程度のお金が稼げますよ!』
  • 『3ヶ月頑張れば月3万円のお金が稼げますよ!』

(例えばの話なのでめっちゃ雑ですが)

この場合も後者の方が具体的な数字で目を引くし、さらにそのデータが正確な数値であればあるほど、説得力が増します。

数字は具体的であればあるほどいいです。

但し、ウソや適当な数字はもちろんダメ。

きっちり調べて正しい数字を書くようにしてくださいね。

文字や言いたいことは強調する

同じポイントの文字がひたすら並んでいると、読むのに疲れます。

また、忙しい読者はあなたの記事を上から下まで読んでいるヒマはないかもしれません。

所詮、他人のブログなんてのは、暇つぶしのために読むのが大半ですからね。

そんな読者をガッツリあなたのブログに引き込むためにも、文字の大きさや色を変えて強調するのは大事なことです。

バナナ

バナナ

バナナ

謎にバナナを連呼したわけですが、

ほら、スクロールしていた指を止めたでしょう?

もちろんこれは遊びの1つなので、なんでもかんでも色塗りや大きくするのはNG。

あなたが本当に伝えたいことを強調することをオススメしますよ。

自分自身の経験を入れる

やはりあなたのブログである以上、あなたの意見や体験は必須。

一般論やニュースで聞いた内容をまとめるだけでは、魅力的な記事には仕上がりません。

他と同じようなことを違う口調で言ってもダメなのです。

大事なことは、その記事の内容。

その中で自分の意見や経験を書くのは必要最低限の話。

さらに、そこに具体的な体験談があると、一気にあなたのキャラクターが見え、人間味がグッと増します。

この『人間味』こそが、ただのコピーコンテンツとの最大の差別化のポイント。

結局、どんなに詳しい説明を具体的に展開したところで、そこにあなたのキャラクターが見えなければ、魅力的な文章など仕上がるはずもありません。

『せやろ?』

みたいに、たまにくだけた書き方してもいいんですよ。

最も言いたいことはシンプルに、短く書く

最も言いたいことは、とにかく、シンプルに、短く書くことが大事。

「僕が最も伝えたいことは、読みやすい記事を書く為には、熱意を込めてとにかく読者にわかりやすく書く、そして、写真や数字で説得力を増しながら読者にメッセージを伝えるということです!」

なげぇーよ!

もっとシンプルに。とにかくシンプルに。

自分が最も伝えたい事の中にも、さらに最も伝えたいことってあるでしょ?

ちなみに僕がこの記事で伝えたいのは、

『記事に情熱を込めろ』

それだけです。

短くても、言いたいことを気持ちを乗せて書けば、なんとなくだけど読者には伝わります。

最後に

記事を読みやすくする6つのテクニックをお伝えしました。

まとめると、

  1. 疑問を持たせる
  2. 写真でインパクトを与える
  3. 数字を入れる
  4. 強調する
  5. 経験を入れる
  6. 最も言いたいことはシンプルに、短く書く

この6つ。

せっかくブログを書くんだから、どんどん読者を集めて、引き込んで、あなたのファンになってもらいましょう。

難しく考える必要はありません。

書くときに常に読者を想定し、『今読者はどんなことを思うか?』というのを考えながら書けばいいのです。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク